歯列矯正とは

歯の治療中の手

歯列矯正の治療費用は歯科医院によって異なります。国立大学付属病院であれば、治療費用はすべて均一となりますが、基本的には歯科医院の自由に設定することができます。 また、費用の総額は歯科医院やクリニックによって差が出てきます。治療期間が長ければ長いほど費用は高くなる傾向にありますが、とある歯科医院によれば治療期間が長くても短くても金額を同じとするところもあるようです。そのため、治療の際には通う歯科医院がどのようなプランを出しているのかを確認しておくことも大切です。 歯列矯正費用は矯正器具の種類によっても異なります。従来からあるマルチブラケットは費用が安く、デーモンシステムなど特殊であればあるほど費用は高くなる傾向にあります。

歯列矯正にかかせない矯正器具についてですが、実はさまざまなタイプがあります。それぞれで特性や長所が異なり、器具によって費用も上下するようです。 例えば、ブラケットの部分をセラミックにしたマルチブラケットであれば、通常タイプである金属のものと比較しても割高となります。そのかわり、セラミックである分周囲の人に気づかれにくいという長所を持っています。 また、歯列矯正用のマウスピースであれば矯正治療期間が長くなるほど新しいものと変える回数が増えるため、その分費用がかかることになります。しかし、マウスピース自体が透明で薄く、着脱可能なことから違和感なく治療が行えるという長所を持っています。 このように、料金だけではなく矯正器具の特性を見ることも大切なのです。