インプラント治療

歯科器具と手

インプラントの料金は、平均1本当たり30万円と高額です。料金が高額な理由は、コストがかかる治療法だからということもありますが、保険適用外の治療法だからです。保険適用外のため、すべて自費で支払わなければならないので、料金が高額なのです。 しかし、実はインプラントは保険適用の治療法です。では、なぜ料金が高額なのかというと、保険適用の条件が厳しいため、その条件を多くの歯医者が満たせずにいるからです。そのため、多くの治療が保険適用外で行われており、それ故、料金が高額なのです。 ただ、インプラントは、とても優秀な治療法であり、高額な料金を支払うだけの値打ちがある治療法だと言えるでしょう。インプラントにすれば、天然の歯があった時と同じ状態を再現することができるのです。

失った歯を補う治療法には、インプラント以外にも入れ歯とブリッジがあります。入れ歯・ブリッジとインプラントの大きな違いは、噛む能力です。入れ歯・ブリッジは強い力を込めて噛むことが困難ですが、インプラントならば可能なのです。 なぜ、噛む能力に差が出るのかというと、歯の固定の度合いが違うからです。インプラントは人工歯根を埋め込んで顎骨に結合させ、その人工歯根に人工歯を装着する治療法です。ですから歯は、しっかりと顎骨に固定されています。これは、天然歯と同じ構造だと言えます。そのため、天然歯と同じように強い力を込めて噛んでも大丈夫なのです。 一方の入れ歯とブリッジは、どちらも顎骨には固定しない治療法です。従って、どうしても噛む能力は十分なレベルまで達しないのです。 歯は、強い力を込めて噛めてこそ、存在価値があると言えます。ですからインプラントは、高額な料金を支払うだけの値打ちがあるのです。